東洋医学の五行陰陽を使って筋肉に刺激を。
ホーム > 東洋医学の五行陰陽を使って筋肉に刺激を。

東洋医学の五行陰陽を使って筋肉に刺激を。

2018年08月21日(火)6:07 PM

先週末は一気に涼しくなり、

秋らしくなりましたね!

 

 

今週はまた台風の影響で暑そうですが・・・。

 

 

相も変わらず、週末は

大阪の師匠のところへ勉強に行っていました。

 

 

今回、勉強してきたのは

五行陰陽という

 

こういう箇所を刺激して、

低下した筋力を復活させると

治療のもちがよくなるのです。

 

 

身体と言うか関節は

色んな方向からの筋肉の引っ張り合いっこで

曲がったり捻じれたりします。

 

 

関節面を矯正しても

ある筋肉がうまく動けないと

一方だけの筋肉に引っ張られて

またずれてくるんです。

 

 

例えば膝関節。

 

大腿骨に対して下腿骨が

内旋しているのか、

外旋しているのか・・・。

 

 

捻じれを戻したら次は筋肉。

 

 

膝を支える関連筋は

 

膝の前が痛い場合・・・大腿四頭筋

膝の内側が痛い場合・・・縫工筋、薄筋

膝の裏に痛みがある場合・・・膝窩筋

 

 

弱っている筋を刺激して

元気にしてあげる。

 

 

それが治療のもちをよくする秘訣です。

 

 

どんな刺激の入れ方でもいいんですが、

五行陰陽なら簡単にも出来るのが

メリットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



«   |   »