自律神経と唾液の意外な関係性
ホーム > 自律神経と唾液の意外な関係性

自律神経と唾液の意外な関係性

2018年10月22日(月)4:50 PM

秋晴れが続いていますね!

 

週末は大阪のいつもの場所で、

いつものメンバーと勉強会でした。

 

 

今回は少し少なく20名ほど。

 

 

みんな勉強熱心ですね~。

紅葉の時期には早いのに

いつもガラガラの行きのサンダーバードが

乗客で一杯でした、なぜに??

 

 

10時から16時までみっちり勉強して

さっそく今日から使わせてもらっています。

 

 

やっている事は同じに感じるかもしれませんが、

切れ味は鋭くなっていますよ!

 

 

また皆さんの身体を貸して下さいね!

 

 

勉強会の帰りに電車時間まで

京都駅前で1人飲みしてました。

 

 

エビスバーでこんなの売ってたら

飲むしかないでしょ!?

 

 

暗くなるのも早くなり、

外のテーブルで飲むには

少し肌寒い季節ですが、

上着を着ていれば、

寒くもなく、

とても気持ち良かったですよ。

 

 

芳醇な抹茶の香りが~ってわかるかい!

 

味は・・・定番が一番!笑

 

 

ほうじ茶バージョンもありましたので

京都に行ったら飲んでみて下さい。

 

ヨドバシカメラの横にHUBと並んであります。

 

 

 

 

 

今日は唾液と自律神経の関係性について

少しご紹介したいと思います。

 

 

唾液は主に耳下腺、顎下腺、舌下腺の

3ヶ所から出ます。

リラックスしている時は

耳下腺からサラサラの唾液が出ます。

 

 

うつ伏せで寝ていて机によだれが

垂れているようなのはコレですね笑

 

 

副交感神経が優位で

リラックスしていてサラサラです。

 

 

逆に交感神経が優位で

緊張している時は舌下腺から

ねばねばの唾液が分泌され

口が乾いた感じがします。

 

 

口がねばつくと

食べ物がのどを通りにくくなります。

 

 

汁物やお茶で流し込む癖がつくと

胃液が薄まり、

胃腸が荒れます。

 

 

結果的にストレス性の胃炎などの

原因に!

 

 

なので耳下腺、耳の真下の部分を

指で優しくマッサージしてあげましょう。

 

 

耳下腺が刺激され

サラサラの唾液が分泌され、

副交感神経も刺激され

リラックスも出来ます。

 

 

唾液は消化、咀嚼(そしゃく)、口内洗浄、

殺菌(口臭予防)、虫歯予防に

大切な事もお忘れなく!

 

 

 



«   |   »