大谷選手の特徴。バネのある身体とは。
ホーム > 大谷選手の特徴。バネのある身体とは。

大谷選手の特徴。バネのある身体とは。

2017年09月13日(水)12:30 PM

治療回数が半分に!

背骨を優しく揺らして

全身を整える、

交通事故治療専門院

院長ブログ。

 

 

 

日ハムの大谷翔平選手が

ついに今オフ、

ポスティングシステムを利用して

メジャーリーグに挑戦することに

なりました!!

 

 

 

 

メジャーのスカウトが

見守る中での163km!!

 

 

メジャーで投げる

大谷選手を想像すると

楽しみ過ぎますね!!

 

 

 

大谷選手やダルビッシュ選手を

ケアしていたのは

中垣征一郎トレーニングコーチ。

 

 

 

中垣コーチはダルビッシュの

専属コーチとして、

メジャーで同行するくらいに

信頼されていました。

 

 

そんな彼曰く、

2人とも関節の可動域が

むちゃくちゃ広いそうです!

 

 

肩だけじゃなく、

肘、上半身、そして股関節。

 

 

柔らかい為に

動きがスムーズになります。

 

 

パワーロスが減りますよね。

 

 

それともう一つ、

全身をバネのように使う!

と言っています。

 

 

 

「あの選手は天性のバネがある」

「黒人選手はバネが違う」

など日常的に使います。

 

 

躍動感の塊のような

イメージです。

 

 

 

 

この体のバネって何か

わかりますか?

 

 

筋肉と骨は直接くっついているわけでは

ありません。

 

 

間に腱というものがあります。

 

 

アキレス腱とかですね。

 

 

筋肉が伸び縮みするのと同様、

腱も少しだけ伸び縮みします。

 

 

この腱が長ければ長いほど、

大きな力をため込むことができ、

力を発揮する時に

高く、遠くへ跳ぶことが出来ます。

 

 

つまり、腱の長い選手が

バネのある身体をもっていると

いう事になります。

 

 

黒人選手もしかりです。

 

 

ただこれは先天的なもので

伸ばそうと思って

伸ばせれるものではないですよね。

 

 

 

筋肉の中にも

腱と同じような働きを持つ

「弾性要素」という部分があります。

 

 

これを鍛えることで

後天的に

バネのある身体を作れます。

 

 

やり方としては

できるだけ接地時間を短くして、

トーン、トーンと

リズムよくジャンプします。

 

 

これだけでも

トレーニングなりますので

取り入れてみてくださいね!!

 

 

 

 

今日もお読み頂き、

ありがとうございました。

 

 

当院の口コミはこちら音譜

 

   ↓

TEL:076-287-3326



«   |   »