シンスプリントと捩じれの関係性
ホーム > シンスプリントと捩じれの関係性

シンスプリントと捩じれの関係性

2018年04月02日(月)7:15 PM

こんにちは。

 

ご来訪、ありがとうございます。

 

先日、足の親指が突然痛くなったので

痛風かと思い、

血液検査をしていました。

 

今日、結果が分かったんですが・・・

 

 

痛風ではありませんでした!☺

 


良かった、良かったとしたいところなんですが、

尿素窒素、

尿酸値、

クレアチニンと

腎臓関係の数値が正常範囲内ですけど、

上限に近いくらいでした💦

 

よろしくないですね・・・。

 

 

腎臓も肝臓も自覚症状なく

進行していく臓器です。

 

早期発見出来て良かったかな・・・。

 

私のような個人事業主は

毎年の健康診断がないので

 発見が遅れがちに。

 

 

   腎臓は水分調整や捻じれ、

   耳ともリンクする臓器です。

 

 

   今日来た、高校の陸上部の女の子も

   身体が捻じれている為に

   足が見かけ上短くなっている方の

   アキレス腱部が固くなり、

   シンスプリントを発症していて、

   右ふとももの裏もパンパンでした。

 

 

 

クラブのトレーナーに言われて

来院です。

 

 

アキレス腱痛はちょっと違いますが、
身体はネジと同じで

時計回りで締まり、

反時計回りで緩みます。

 

 

ということは、痛みがあって

時計回りにねじれている人は

緩める治療を。

 


反時計回りにねじれている人は

引き締める治療を

したほうがいいということになります。

 

自分が捻じれているか

気になる人は確認に来てみて下さいね。



«   |   »