万が一の時、治りを早くする為には
ホーム > 万が一の時、治りを早くする為には

万が一の時、治りを早くする為には

2018年04月14日(土)1:39 PM

こんにちは。

 

今日も最高の日ですね 😛 

ありがとうございます。

感謝です。

 

 

今朝もエンゼルスの大谷選手が

いきなりツーベースヒットを

かっ飛ばしました!

 

 

大谷選手が高校の頃から言われてきた事は

「期待は応えるものじゃなくて“超えるものだ”」

ですって。

 

 

…なんてカッコイイ…

 

 

まさに期待を超えてますね。

 

 

まるでマンガのよう 😯 

 

 

 

 

   今日も交通事故治療の話の続きです。

 

   先日、車の保険に弁護士特約を
   つけておいたらいいという話をしました。

 



しかし、いざ事故に遭って自分の

保険証書を確認してみたら
入っていなかった!!という場合。

 

 

 

まだ諦めるのは早いですよ。

 

 

 

特約の利用可能な範囲

 

①保険契約者本人

②保険契約者の配偶者

③保険契約者本人と同居している親族

④保険契約者の婚姻歴のない子供

 (別居していても可)

⑤事故に遭ったその自動車に搭乗中だった人

⑥事故に遭った車の所有者

 

こんなにも広いんです。

 

 

自分が入ってなくても

一度、家族に確認してみてください。

 

 

誰かが入っていて

使えるかもしれません。

 

 

 

確認してみて下さいね。

 

 

治療についてですが、

元々、これ以上不安定にならないように

筋肉を固めていた時に事故に遭い、

強制的に動かされると、

治るのに時間のかかるケガに

なってしまいます。

 

 

むちうちでも腰痛でも同じです。

 

 

なので普段から

筋肉が無理に頑張らなくても

よい状態にしておくことが

いざという時に

治りを早くする秘訣になります。

 

 

今、自分がどのような状態か

知りたい方はお気軽にご相談くださいね。

 



«   |   »